利用する利点とは

オフィス

新たに事業を始めるとなれば基盤となるオフィスが必要になってきますが、初めてオフィスを探すとなれば何を基準に選んだら良いかで悩むのではないでしょうか。オフィスは購入するのではなく賃事務所を選ぶ人が多く、立地や家賃といった条件はもちろんのこと、比較しなくてはならない点は多々あります。内見する前の準備も必須となってくるので、現地の視察は欠かさないようにしておきましょう。どんなに良い賃貸物件でも周辺環境がイマイチだったり、アクセスしにくい場所となると経営に悪影響を与えてしまう可能性もあります。同じビルに入っているテナントの属性との相性も大切であり、相性が良くないとイメージしている通りに運営していくことが難しくなる事も珍しくありません。近年ではレンタルオフィスも注目を集めていますが、一般的にはレンタルオフィスを利用する企業よりも貸事務所を利用する企業のほうが信用度が高くなる傾向にあります。そのことから集客につながりやすかったり、金融機関から融資を受ける場合にも有利になることが多いです。毎月の賃貸料に関してもレンタルオフィスよりも貸事務所のほうが安い傾向にあるので、長い目で見て考えるのであれば費用面でも利点があると言えます。事業が軌道に乗る前にはレンタルオフィスを利用していても軌道に乗ると、貸事務所に移るケースはかなり多いので最初から賃事務所を視野に入れておくのも一つの手段です。

複数を比較して判断する

オフィス

賃事務所を利用する際に気になるポイントとなるのが、必要となるトータル費用はどの程度かという点ではないでしょうか。地域や広さ、アクセスの良し悪しによる違いも当然あるのでしっかり比較して選ばなくてはなりません。貸事務所を利用する際には不動産会社に仲介を依頼して借りることが一般的であり、敷金礼金や保証金だったり不動産会社に支払う仲介手数料などが必要です。賃料の半年分から一年分程度を預けることが多く、初期費用はかなり高額になりがちです。基本的にはスケルトンの状態で借りるので、内装工事が必要になることやオフィスに必要となる机や椅子などの家具を揃える事も忘れてはいけません。賃事務所を選ぶときには毎月必要となる家賃に注目して選んでしまいがちですが、初期費用を始めあらゆる費用負担があることをあたまに置いておくようにし、トータル費用を比較して判断することが大切です。複数に相談することにより、対応が丁寧で信頼できる先を見つけることにつながります。